お腹痩せダイエットの方法について

お腹痩せ,ダイエット,即効性,食事

お腹痩せダイエットのためには、食生活の改善と運動が必要になります。

 

食生活の改善

便秘の症状がある場合は、まず最初に腸内環境を改善させることが大切です。
そのためには、乳酸菌と不溶性の食物繊維の摂取が有効です。

 

乳酸菌

乳酸菌はヨーグルトなどに含まれている成分です。
生きて腸まで届くことで善玉菌を増やして悪玉菌を減らす作用があります。

 

不溶性の食物繊維

不溶性の食物繊維はシリアルや大豆製品や野菜や果物に多く含まれている成分であり、
腸内で水分を吸収することで便のカサ増しをして腸の蠕動運動を活発にさせることができます。

 

積極的に摂取して腸内環境を整えて便秘を解消させましょう。

効果的な運動

そして、お腹痩せのためには運動も必要になります。

 

効果的な運動の方法についてですが、
・腸に刺激を与えるようなストレッチ
・体操やお腹の筋肉を鍛えるためのトレーニング

などが効果的です。

 

腹筋には様々な方法がありますが、多種類の腹筋を取り入れて様々な鍛え方をするのが効果的です。

  • 上体を起こすタイプの腹筋
  • 床に寝そべって足を上げるタイプの腹筋
  • お腹の横の筋肉を鍛える腹筋
  • ひねりを加える腹筋

などを満遍なく取り入れましょう。
食生活の改善と運動でお腹痩せをして理想のウエストラインを目指しましょう。


産後のお腹痩せに効果的な方法

無事に赤ちゃんを出産すると、気になり始めてしまうのは妊娠と出産で増えてしまった体重とおなか周りです。

 

出産したら、自然にお腹痩せできれば何も問題はないのですが、
自然には元には戻ることもないので産後のお腹痩せに効果的な方法で元に戻すのがおすすめです。

 

おなかを引き締めるには運動するのが一番ですが、
産後は体力も回復していませんし赤ちゃんとの慣れない生活で疲れも出るのに無理なことはできません。

 

産後のお腹痩せに効果的な方法としてはエクササイズがおすすめです。
赤ちゃんがお昼寝した時などちょっとした時間を見つけて行うようにすると良いです。

産後エクササイズの方法

1.まず、床に仰向けになって寝転がります。

 

2.両膝を90度の角度になるくらいにたてて両手はおなかの上に置きます。

 

3.背中と床の間に隙間が少し空きますから、これを塞ぐように背中を床につけることを意識して
  ゆっくりと息を吸いながらお腹を膨らませていきましょう。風船をイメージしながら行なうと良いです。

 

4.いっぱいいっぱいまで息を吸い込んだら、今度はゆっくりと吐き出していきながらお腹をへこませていきます。

 

これを10回から20回くり返し行いましょう。

 

初めのうちは3回ほどでもきついと感じるかもしれませんが、
できるだけ毎日行うことでできる回数も増えていき徐々にお腹痩せ効果を実感できるようになってきます

お腹痩せを目指すのに効果的な運動とストレッチ

お腹痩せってなかなか難しいですよね。
でも、見た目的に一番効果があるのは下腹の脂肪を減らすこと
下腹が少しでもへこむと見た目的に随分変わってきます。

 

次の運動を試してみてください。

 

1.まず、両手を広げて仰向けに寝てください。

 

2.足をできるだけ垂直にあげてください。

 

3.その状態でお腹に力を入れて30秒ほどキープしてください。

 

それを1回で5セット行ってください。

 

1日1回でも行うとだんだん効果は現れてきます。
体が慣れてきたら1日に3~5セット行うようにするとすぐに効果がでてくるでしょう。

効果的なストレッチでお腹痩せ

足を天井に向けて蹴り上げるような動きを入れるとよりいいですが、かなりキツイのでまずは足を上げてキープすることから始めてみてください。
お腹を伸ばすことでストレッチにも有効的ですし、お腹痩せも期待できます。

 

下腹がへこむとお腹の見た目も随分変わってきます。
履くことができるパンツやスカートも増え、おしゃれも楽しくなってきます。

 

これから薄着の季節。
お腹が見えても恥ずかしくないように今から頑張ってみましょう。

 

お腹も痩せて、おしゃれも楽しめたら言うことなしですね。
ぜひぜひ試してみてください。

 

お腹スッキリに近道はありません。思い立ったらすぐにやってみてください。

お腹痩せダイエットに効く即効性のある食事とは?

お腹痩せ,ダイエット,即効性,食事

お腹がゆるんでしまって気になるという人は、お腹痩せダイエット
試してみるとよいでしょう。
もちろん、一言でお腹痩せダイエットといっても、運動や食事など
いろいろな要素が関係しています。

 

例えば、即効性のある食事として、腸内環境を整えるための食材があります。

 

発酵食品

味噌や納豆などが発酵食品の代表です。
発酵食品には、ビタミンB群や必須アミノ酸が豊富に含まれています。
脂肪の合成を抑えたり、代謝を促したりする効果を持っています。
発酵食品を取ることで腸内環境が改善されて便秘が解消され、お腹周りをすっきりさせることができます。

 

食物繊維

さらに、お腹痩せダイエットには、たっぷりの食物繊維を取ると良いです。
低カロリーで食物繊維を多く含んだ野菜中心の食事を心がけることによって、便秘を解消することができます。

 

カリウム

ほかにも、カリウムを多く含んだ食材を食べるようにしましょう。
むくみを解消でき、お腹痩せダイエットにつながるでしょう

[1日3分のストレッチで痩せる]関連情報